草で出来た家に着色している人

ライフスタイルの変化

これからのリフォーム

快適な生活を求めて、ライフスタイルの変化に応じて住宅のリフォームを行うことが増えています。例えば、子供が小さいことは、できるだけオープンスペースを広くとって、子供が遊びやすいような住宅にしますが、成長とともに、プライバシー確保のために部屋を区切ったり、子供が成人して出て行ってしまったら、老後に向けてバリアフリー化を進めるなど、その時その時のステージに合わせて、住宅を変化させるためにリフォームが行われます。これは、昔に比べて、住宅が小さくなったため、リフォームをしなければ、その時々に合わせた使い方ができなくなっていることが大きな理由です。これからも、さらにライフスタイルに合わせたリフォームが増えていくことが予想されます。

建築時から将来に備える

このようなリフォームは、どんな住宅でもできるわけではありません。住宅の中には、決して外せない柱や壁があります。住宅を支えている部材であり、これに影響がないようにリフォームしなければなりません。そのため、注文住宅を建築する場合には、将来のリフォームまで検討して間取りを決めていくことが大切です。子供部屋をはじめは大きな一部屋にしておいて、将来的に二部屋に分けるというのは、よく聞く話ですが、同じように、将来のバリアフリー化のために、あらかじめ、トイレを拡張できるようにしておいたり、スロープが設置できるような余裕をとっておくなどを検討します。将来的にリフォームをしなかったとしても、可能性を残すだけでも、ずいぶんと違います。

Copyright © 2015 家の設備や建具の取り替えリフォームについて. All Rights Reserved.
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com